投資情報

だから勉強しなければならないのだ

投稿日:

Pocket

昔から誰もが一度は感じる疑問

日本に住んでいると、基本的に誰でも学校へ行くことができ、みんなと同じ教育を受けることができます。

しかし、子どもの頃から本当に勉強するのが好きな一部の人を除いて、ほとんどの人が「どうして勉強しなければいけないのか」という疑問を持ちます。

それは当然といえば当然で、ほとんどの人は遊んでる方が楽しいからです。そして、学年が上になってより勉強の内容が難しくなったり、受験をしなければならなくなるとなおさらです。

<スポンサーリンク>



聴かれても困ってしまう

なぜ?と聴かれても、ほとんどの人は明確に答えることができません。

昔から決まっているからとか、いい大学に入っていい会社に入るためとか、自分が子どもの頃勉強せずに後悔してるから、などが主な答えになってると思います。

確かにどれも間違いではありませんが、それを聞いて、じゃあ勉強しよう、とはならないはずです。いずれも説得力が足りません。

<スポンサーリンク>

お金と投資の学校を体験できるオンラインセミナー【投資の達人講座】

勉強しなくても生きてはいける

学校で習うことは社会では使わない?

確かに学校で習ったことを実社会で使ってるかどうかと聞かれれば、多くのことは一生使うことがないかもしれません。

特に数学の難しい内容などは死ぬまで目にすることはないとも思います。

事実勉強してない人でも生きていけてる

確かに今まで日本では、勉強してこなかったからといって飢え死にする人はいませんでした。

選ばなければ仕事はそれなりにあり、もし仕事を失っても、日本では手厚い社会保障のおかげで、いろいろな保護を受けられたり、義務を免除してもらえたからです。

<スポンサーリンク>

それでも勉強は必要

「なぜ勉強する必要があるのか」と聴かれても、上記の通りほとんどの人は明確な答えを出せないのですが、答えはシンプルです。

有事に生き抜くため

最も大きな理由はこれです。

戦後日本は高度経済成長期を経て、世界屈指の豊かな国になりましたが、最近は貧富の差が鮮明になっています。

そんな中、毎年のように各地で大災害が起きたり、10年に一度くらいのペースで世界的な金融ショック等に見舞われています。

そういった有事ではさらにその差が大きくなります。勉強してきたかどうかで、実はこの有事の際にはっきりとその差が出るのです。

人に使われる人生を回避するため

世の中ではサラリーマンが大多数を占めますが、それは被雇用者、つまり人に使われているのです。

もちろんそれが普通だと思って毎日生きてる人が多いのですが、できることなら、当然使われる側より使う側にまわりたいわけです。

もしくは一人で自由に生きていきたいのです。

しかし、そのためにはやはり他人より秀でていないと無理です。

自分が思ったように生きていくためには勉強が必要なのです。

生きていく上での判断力をつけるため

人生には、選択を迫られる場合が多くあります。

受験、就職、結婚、居住などから、契約や日常の買い物など、それこそ毎日が選択、決断の連続です。

その際に必要なのが、知識や教養なのです。その知識や教養をなるべく早い段階で身につけることで、無駄が排除されベストな選択ができるのです。

<スポンサーリンク>

結局一生勉強が必要

誰でも、どんな職業でも、最初は全くのゼロからのスタートです。

そしてどの仕事をするにしても必ず勉強が必要になります。もちろん学校で習うこととは無縁かもしれませんが、読む力、文章を書く力、話す力などはどの世界でも必須です。

大企業に入るなら当然ですし、公務員であろうが自営であろうがプロスポーツの選手であろうが違いはありません。

大人になってからそれに気づいて、子どもの頃よりもっと勉強する人が多いのはこのためです。特にお金持ちの人は例外なく勉強しています。

子どもの頃から勉強する習慣をつける

子どもの頃は遊ぶ方が楽しいし、子どもは遊ぶのが仕事です。

しかし、上記の通り大人になって勉強の大切さに気づいても、勉強の仕方を知らない人は相当の時間と労力を必要とします。

だから、子どもの頃から勉強する習慣をつけておくことが必要なのです。

<スポンサーリンク>

学問のすゝめ

学問のすゝめの中で、福沢諭吉は以下の通り説いています。

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」・・・「賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとによりてできるものなり」と。

「人は生まれながらにして貴賤・貧富の別なし。ただ学問を勤めて物事をよく知る者は貴人となり富人となり、無学なる者は貧人となり下人となるなり」と。

つまり、金持ちと貧乏人の差は勉強したかどうかだと。

ここに全てが詰まっています。

筆者の好きな言葉

「夜寝るときには、朝起きた時より少し賢くなっていたい」(チャーリー・マンガー)

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東南アジア不動産投資(タイ、マレーシア編)

Contents1 タイ、マレーシアの不動産2 タイ、マレーシアは確かに住みやすい3 マレーシアのジョホールバル4 不動産は流動性が悪い5 首都以外も視野に5.1 関連 タイ、マレーシアの不動産 東南 …

こんなところにも人口減少の影響が

Contents1 値上がり続く水道料金1.1 要因1.1.1 人口減少による収入減1.1.2 老朽化した水道管の交換2 水道法改正3 民営化すればうまくいくか4 水道に限ったことではない5 人口増し …

イギリスの不動産に投資する

Contents1 ハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターン1.1 先進国1.2 新興国2 イギリスの不動産とは3 堅実でしかも少資金から始められる4 イギリス不動産投資の出口を考える4.1 …

大谷に見るこれからの日本人

Contents1 衝撃的デビュー2 「日本人初、アジア人初」という表現3 どうする日本人4 日本人が持つ利点を活かす5 大谷を自分と重ねる5.1 関連 衝撃的デビュー アメリカ大リーグのエンゼルスに …

南アジア不動産投資(スリランカ編)

Contents1 スリランカのイメージ2 他のアジア諸国の不動産は?3 スリランカは最後のフロンティア?3.1 経済成長率3.2 地理的場所3.3 内戦終結3.4 観光客増3.5 ホテル不足3.6 …