投資情報

クアドラントの「 I 」(投資家)になる!

投稿日:

Pocket

金持ち父さん、貧乏父さん

投資家は、いや投資家でなくても一度は読んだことがある人が多い、ロバート・キヨサキの「金持ち父さん、貧乏父さん」は、今でも、投資家のバイブルと言われています。

これを読んで投資を始めたとか、自分で会社を作って金持ちになったという人は少なからずいるのではないでしょうか。

アメリカや日本はもちろん、世界中で読まれている名著です。

ロバート・キヨサキ本人も年に数回来日しており、その講演は高額の参加費にもかかわらずいつも大盛況です。

<スポンサーリンク>

未経験者にもわかりやすい!【投資の達人講座】

クアドラント

その本の中には、有名なクアドラントが書いてあります。

左側には、E(雇用される人、従業員)S(自営業者)

右側には、B(ビジネスオーナー)I(投資家)があり、右側に行かなければいけないよ、と書いてあります。

だから私達も右側、右側と呪文のように唱え、どうしたら右側に行くことができるかを日々考えているのです。

右側であればいいのか?

しかし、右側ならBでもIでもいいのかというと、それは少し違います。理想はBでありながらもlでありたいのです。もしどちらかだけを選ぶなら完全にIです。

他人に働いてもらってお金を増やすという意味においては目的は同じですが、BとIではその手段の内容が全く違います。

<スポンサーリンク>

お金と投資の学校を体験できるオンラインセミナー【投資の達人講座】

共通点

他人やカネに働いてもらう

BIの共通点をあげるとすれば、他人やカネなど自分以外の人などに働いてもらって自分がお金持ちになることです。

これが左側と右側を分ける基準です。

Sは自営で、医者や弁護士などの士業も含み、一見お金持ちのように見えますが、自分自身で働いている、つまり時間の切り売りをしているという意味で、やはり左側なのです。

Eとの違いは時給が高いか安いかと、強いて言えば自分で意思決定ができるかどうかです。

時間

基本的に自分の時間を使って働かない、という意味で時間を自由に使えます。もちろん、最低限のことはするので、当たり前ですが、本当に何もしなくていいというわけではありません。

そして、自由になる時間を使って勉強したり運動をして、さらなるスキルアップや健康増進に努めるのです。

勉強

本の中でも言っていますが、貧乏父さんはいい学校に行くために勉強するのですが、金持ち父さんはビジネスや投資に必要な勉強をします。

つまり左側の人と右側の人とでは勉強の目的と内容が違うのです。

<スポンサーリンク>

相違点

Bはオーナーで、ビジネスのことを全部他人に任せられれば最高ですが、ビジネスである以上、景気や流行に左右されるのは当然ですし、信頼して任せていた部下に裏切られたなんてことも十分あり得るでしょう。

時代についていけなくなって廃業したり、大きな災害や病気の蔓延によって急に業績が悪くなり、最悪倒産ということもあり得ます。

そして、自分が雇った人達とその家族を路頭に迷わせることになるかもしれません。

そういった意味ではBは左側のSと共通点が多いわけです。

起業した人の95%は5年以内に廃業すると言われていますが、それが現実です。

だから、もしそのビジネスがなくなってもなんの影響もない、というくらいでないと本当のBとは言えません。

一方、I も、もちろん景気等に左右されますが、責任は限定的で、基本的に自分が出したお金以上の損失はないですし、他人に迷惑をかけることもありません。むしろ、投資で社会に貢献できるのです。

そして、流動性の高い投資案件であれば、不利になれば即撤退したり、別案件への乗り換えも可能ですが、ビジネスだとなかなか軽快に動けません。

やはり目指すは「 I 」

上記の通り、究極的に目指すべきは、やはりI (投資家)なのです。

そして投資対象は、株、債券、不動産これだけです。

<スポンサーリンク>

なぜこの3つか

他人に働いてもらえる

株であれば、その会社の社長や従業員が一生懸命働いてくれて利益を出してくれます。

そしてその利益を配当という形でもらったり、株価の上昇によるキャピタルゲインで受け取ることができます。

債券

国債ならその国が、社債ならその会社が一生懸命働いてくれて、利息をつけて償還してくれます。

不動産

建物なら、賃借人が家賃という形で自分のローンを返済してくれます。

土地であれば、値上がりした価格でデベロッパーが買ってくれます。

いずれも本人の出来不出来、好不調、運不運などに影響されないのです。

そして、基本的に変なものに手を出さなければ損はしないのです。一方自分で理解できないものなどに手を出すと痛い目に合います。

<スポンサーリンク>

可能性が無限にある

ギャンブルなど

決められたパイを取り合うギャンブルや宝くじなどは、胴元が手数料を取って、残りをみんなで分け合います。だからほとんどが負けるのです。期待値が完全にマイナスです。

またそれらは再現性もありません。

株、債券、不動産

一方、株、債券、不動産に上限はありません。価値を生み出せばいくらでも価格が上がって、儲けることができるのです。

だから事前の勉強が必要

他人に働いてもらうからこそ、その案件を選ぶには事前に十分な勉強が必要です。勉強せずに人任せにするのは最も危険です。

いつの時代もやらなければならないことは同じなのです。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

飲食店が激しく減っていく

Contents1 飲食店にとって厳しい時代2 飲食店はなぜ厳しい?2.1 客側2.1.1 そもそも飲まなくなった2.1.1.1 人口減少2.1.1.2 若者2.1.1.3 会社関係2.1.1.4 遅 …

移住する国を選ぶ判断基準

Contents1 人気移住先ランキング2 判断基準2.1 1.治安2.2 2.食事2.3 3.ビザの取りやすさ2.4 4.気候2.5 5.成長国2.6 6.物価2.7 7.税制3 旅行する時は意識し …

米国不動産投資で、ダブルで稼ぐ

Contents1 米国不動産投資のイメージ2 どこから情報を得るか?3 米国不動産を推す理由3.1 人口増3.1.1 米国3.1.2 他国3.2 法整備3.2.1 米国3.2.2 他国3.3 減価償 …

日本の貧困率がヤバい

Contents1 日本は経済大国でも貧困?2 街を歩いても、ニュースを見ても3 貧困率が高くなる理由3.1 富の偏在3.1.1 所得税3.1.2 消費税3.2 お金持ちが寄付をしない4 今後もこの構 …

豊かな人と貧しい人

Contents1 「豊か」とは、「貧しい」とは2 経済的3 精神的3.1 家族3.2 友人関係3.3 知識、経験3.4 社会に貢献3.5 平和4 経済的に豊かでも、精神的に貧しい人5 経済的には苦し …