未分類

これからが本当の働き方改革だ

投稿日:

Pocket

コロナウイルスの影響で世界は大混乱

中国から発生した、新型コロナウイルスが世界中を席巻しています。

日本ももちろん例外ではなく、客船ダイヤモンド・プリンセスでの対応を誤ったことと、初動が甘かったためウイルスが全国に拡散されています。

世界からも日本が感染国として指定され始めており、だんだんといろいろな国に自由に入出国ができなくなってきています。

<スポンサーリンク>

会社の対応

進んでいる会社は違う

これに伴って、感染者が発生した会社では、従業員の出社を禁止したり、消毒したりと大騒ぎになっています。

しかし、発生していない会社でも早々に在宅勤務に移行して、従業員を守ろうとしたところもあります。

これを聞くと、なかなかそういったことに踏み切れない会社が多い中で大したものだなと思います。

話を聞くと、そういった会社は東日本大震災を教訓に着々と準備を進めていたということです。

一方で何もしない会社も

そうかと思うと、何も対策を打たない会社も山ほどあります。というか、業種によってはほとんど現行を変えられないというところもあるので、非常に難しい問題です。

しかし、少なくとも以前よりはより柔軟に考える会社が増えたのは間違いないでしょう。

それは「死んでも会社に出てこい」とはなかなか言えない状況にまでなっているからです。冗談抜きで今回のウイルス問題は、本当に死に直面する可能性があるからです。

<スポンサーリンク>

今流行りの働き方改革

過労死等の問題から、ここ数年「働き方改革」という言葉をよく耳にします。

国が主導でこれを推し進め、大企業を中心に時間管理や健康管理を厳しくチェックするようになりました。

そこで企業は残業時間を減らしたり、有給休暇の取得を促進するよう動き始めています。

しかし実際には、大企業はいざ知らず、中小企業に至ってはあまり実行されていないと思います。体裁だけは整えても実質が伴っていないところがほとんどです。

というのも、最低限の人数で日々回している中小企業が厳格にそれをやると、他の従業員に迷惑がかかったり、顧客を失う可能性があるからです。

これは不幸中の幸いだと思うしかない

しかし、もうこの緊急事態になったのだから、人命優先のやり方に無理矢理でも変えていくしかありません。

こんなことでもないと日本の働き方は永遠に変わらないからです。

なんでもそうですが、できないことをできるように工夫することが大事なのです。

このコロナ問題は不幸ですが、これを機会に変われる可能性が大いにあります。

会社は危機管理に投資をする時代です。

<スポンサーリンク>

はじめてのプログラミングコース

従業員は

時間単位で収入を得ている人

経済活動が縮小し、時間単位で収入を得ている人の中には大変な思いをされている人も多く、自由との引き換えにリスクも大きいとあらためて認識してしまいます。

今はどうすることができなくても、勉強したり日々新たなことにチャレンジすることを忘れてはいけません。

必ずこの災難もいつかは収まるからです。

月給制の人は

今、テレワーク、リモートワークという言葉をよく聞きますが、会社に行く必要がない人は絶対に会社以外の場所で仕事をすべきです。

今までかかっていた通勤の時間を休息に充てたり、通勤のストレスから解放されれば、より質の高い仕事ができるでしょうし、無駄な飲み会に参加しなくてもよくなります。

また、空いた時間を趣味に使ったり、大事な家族とより長い時間を過ごすことができます。

それが本来の人間らしい生活であるはずです。

もっといえば、家やカフェだけでなく、世界のどこにいてもWi-Fiさえ繋がれば仕事ができるようにするのが理想です。

たとえそれが南の島であっても。

早くこのウイルスが終息し、終わってみれば「やればできるじゃん」となっていることを祈ってます。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-未分類
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


  1. きょんたん より:

    早朝残業長い会議をした事に満足感と仕事をした気分になる日本人。テレワークで仕事が可能な人でも、取り敢えず出勤して、コミュニケーションを取って安心する。
    昨秋から、外資系の企業が、1部部署の週休3日制導入や会議は5人以内、コミュニケーションはチャットで等、アクションを起こした。年末には、生産性が上がった事も報告。
    政治、会社、学校、リーダー自ら率先して行動を起こす。そうしなければ、日本人はなかなか変われない。
    変わらなければならないのは、企業のトップや大人達で、その姿勢を部下や若者達に示さなければならないと。
    柔軟性や発想力やSNSを駆使出来る若者に力を借り、後進国と言われない日本になって欲しい。
    多種多様な人材を受け入れて、他国他社から学び、コロナを機に変わる日本企業に期待したい。
    ブログを拝見して、危機感を持ち、子供達を導ける大人でいなければならないと。
    変わるために、何が大事だと思われますか?

    • jinshi より:

      訪問ありがとうございます。
      日本では、昔から強烈なリーダーシップを発揮できる人材を育成するという教育がされていません。

      だから、今の日本の姿は当然といえば当然です。

      これからは、学生全員が海外で学んで日本に何かを持ち帰って欲しいです。

      しかし、優秀な人はそのまま海外に残ってしまうかもしれませんね。

      • きょんたん より:

        お返事ありがとうございました。
        海外で学ぶ事、外からの日本を見て、いろんな国の人達からいろんな事を学び、生きる力を持った若者に期待したいですね。
        日本人のプライドを持ち、明るく希望の持てる社会にしたいと頑張る若者が増える事。
        未来が楽しみですね。
        新しい事をする人を潰さない社会であって欲しいものです。

        • jinshi より:

          仰る通りです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大水害時代を生き抜く

Contents1 1か月分の雨が数時間で降る時代2 原因は地球温暖化?2.1 これを止めることはできない?2.2 今のままでは厳しい3 危険な地域を避ける4 タワーマンションは要注意5 行政の対策は …