旅情報

バンコクのチャオプラヤー川沿いの見所を一日で楽しむには

投稿日:

Pocket

見どころは少し不便な場所にある

バンコクの三大寺院を始め、市内の主要な観光地は実はチャオプラヤー川沿いか、川から数十分歩いたところに点在しています。

これらは感覚的には不便な場所であり、東京のようにほとんどの見どころに電車で行けるほどバンコクは電車の路線が発達していないため、そもそも電車で行くという感覚があまりありません。しかも、酷暑の時期など駅から歩くことすら厳しいからです。

だから時間があまりないほとんどの観光客は、ホテルからタクシーやトゥクトゥクを使ってそれらの名所に行きます。もっとも、タクシー代もトゥクトゥク代も安いのでそれでもいいのですが・・・。

※実際には、BTSもMRTもどんどん延伸されているので、日々便利にはなっています。

<スポンサーリンク>

ボートで行く

しかし、1日あればチャオプラヤー川をボートで移動することにより、さらに安く多くの場所を訪れることができます。そして、最近は川沿いにあった倉庫等を改造したショッピングモール、マーケットなどができており、普通の観光とは違う楽しみ方もできます。

乗り場

まずはBTSシーロム線のサパーン・タクシン(Saphan Taksin)駅まで行きます。駅を降りるとすぐ船着場があります。降車した人のほとんどがそこへ行くので流れに乗っていれば大丈夫です。

ここがチャオプラヤー・エクスプレス・ボートの発着場です。

ここで係員に行き先を告げてチケットを買います。

1日乗船券もありますので、4区間以上乗るならそちらがいいかもしれません。

船にはそれぞれ4色の旗が付いていて、色によって行き先(停泊地)が異なりますので、自分で判断せずに係員に行き先を告げた方がいいです。みんな親切に教えてくれます。場合によっては何十分か待ちますが、苦痛というほどではありません。

Sponsered Link

見どころ

1.ワット・アルン

まずはここを目指します。他の多くの見どころが川の東側にあるのに対し、ここは西側にあるため先にこちらを訪れ、それから対岸に渡りましょう。

こちらは三島由紀夫の「暁の寺」でも有名で、ワット・ポー、ワット・プラケオと共にバンコクの三大寺院の一つと呼ばれています。バンコクに来る観光客のほとんどがここを訪れるのではないでしょうか。

お寺自体には朝一で行って、夕方対岸から夕日を浴びる姿を見るのもオツなものです。

ちなみに、このあと行くことになる対岸へ渡る船は、その日一日乗るエクスプレス・ボートとは関係なく、単なる渡し船です。だから先ほどの一日乗車券を買っていてもそれは使えません。

<スポンサーリンク>

マレーシア航空

2.ワット・ポー

ワット・アルンの対岸にあり、前述の渡し船で渡ります。

黄金の大きな寝釈迦仏が有名で、大抵ここでみんな写真を撮ります。

また、こちらでは、タイマッサージを受けられるだけでなく、習うこともできます。街中の安い店舗に比べると少し高いですが、キッチリしたマッサージを受けられるはずです。

また、こちらでタイマッサージの資格を取るのもいいでしょう。

3.王宮、ワット・プラケオ

ワット・ポーの隣にあり、ワット・プラケオが王朝の守護寺、護国寺として建てられたため、王宮と一体となっており、入場料も一本になっています。

ワット・プラケオの本堂にエメラルド色の仏像を祀っていることから、「エメラルド寺院」とも呼ばれ、いつも参拝者、旅行者でいっぱいです。

博物館も含めかなり広い敷地なので、効率よく見て回りましょう。また、短パンやノースリーブでは入れないので、ストールを持って行って腰に巻くなどするといいです。

<スポンサーリンク>

4.カオサン通り

王宮から微妙な距離なので、トゥクトゥクで行くか、いっそのこと外してもいいかも知れません。

なぜなら、ここはバックパッカーの聖地と言われてるところですが、昔ほどインパクトはなくなりましたし、観光地というわけではないからです。

ただ何でも安いので、ぶらぶら買い物したり、安食堂に入るのもいいです。そして、ここは交通の便が悪いので、逆にこの機会に行ってみるのがいいかもしれません。一度は見ておきたいところです。

<スポンサーリンク>

JAL・MasterCard入会キャンペーン!

5.チャイナタウン

これからチャオプラヤー川を南に下ります。

ここはよくある、いわゆる中華街で、本来なら高い中華料理を安く食べられたりします。

ランチ時に行ってリーズナブルに中華料理を食べるのがいいかもしれません。

また、金を商う金行が多く、雑貨なども安く非常に活気があります。

黄金の仏像がある、ワット・トライミットなどお寺もあり、ぶらぶらすればここだけでも数時間要します。

この一帯も人が多くスリが多発してますので、荷物はカラダの前に抱えましょう。

6.リバー・シティー

チャイナタウンからさらに南に下ると、リバー・シティーというショッピングセンターがあります。

全体的に客が少なく、寂しい感じで特にここで買うべきものもなければ、川沿いでお茶する程度でいいでしょう。

7.アジアティック

最初にボートに乗った、サパーン・タクシンを通り越して少し行くとあります。

倉庫を改造したマーケットで、物販、飲食、エンターテイメントが充実しており、夕方の雰囲気もなかなかいいです。

ここをぶらぶらしているとバンコクにいることを忘れてしまいます。そんな雰囲気です。

ここは、サパーン・タクシンから無料のシャトルボートが出ていますが、もちろん通常のエクスプレス・ボートも停まります。

<スポンサーリンク>

まとめ

1日でこれだけ周れれば、かなりのものです。むしろ、かなりの体力と好奇心がないと厳しいと思います。暑い時期はなおさらです。

メインの三大寺院をゆっくり見て周るだけで1万歩くらい歩くかも知れません。

最近チャオプラヤー川沿いには、さらに新しいスポットが次々とできています。見どころは逃げないので、自分のカラダと相談して何日かに分けて周るのがいいと思います。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-旅情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初めてのスリランカを5日間で楽しむ

Contents1 南アジアの小国2 実はそう簡単でもない3 行程3.1 1日目3.2 2日目3.2.1 アヌラーダプラ→ポロンナルワ3.2.1.1 アヌラーダプラ3.2.1.2 ポロンナルワ3.3 …

本家出国税も導入の方向

Contents1 その手があったか!2 旅行業界の反発は必至3 この徴収した血税で何をする?4 安易な方法4.1 関連 その手があったか! 政府は、日本から出国する全ての人に対して、一人あたり100 …

カトマンドゥ(カトマンズ)の空気がヤバすぎる!

Contents1 ネパールの首都カトマンドゥ2 街は魅力的だが大気汚染が激しすぎる3 PM2.5などが原因3.1 PM2.5発生原因3.1.1 車3.1.2 工場の排煙3.1.3 土ぼこり4 地形も …

アユタヤへはこう行く

  Contents1 アユタヤ2 3種類の行き方2.1 ①バンコク発のツアーに参加する2.1.1 メリット:2.1.2 デメリット:2.2 ②バンコクからタクシーをチャーターする2.2.1 …

有名ホテルのタイムシェアはお得か?

Contents1 タイムシェアとは1.1 会員権を買う1.2 値上がり、値下がりは?1.3 やめるときは?1.4 年間の使用限度日数まで部屋を使える1.5 その都度コストはかかる?1.5.1 メリッ …