投資情報

消費税増税勧告のナンセンス

投稿日:

Pocket

OECDの勧告

OECD(経済協力開発機構)が日本に対し消費税を26%に上げるよう勧告し、消費税10%もすぐそこという感じになってきました。

過去からOECD以外にも、IMF(国際通貨基金)が似たような勧告を日本にしてきました。

洗脳

この国際機関の勧告を聞くと、素直な日本人は、「消費税が上がるのは仕方ないことだ」と思ってしまいます。

そして、この勧告はそう思わせることが狙いなのです。何も知らない素人を洗脳するためなのです。

なぜそう言えるのかというと、OECDの要職は日本人が多いからです。日本の財務省の息がかかっていると言ってもいいのです。つまり、彼らがOECDとして発言して日本人を洗脳し、増税をスムースに推し進めようとしているのです。IMFも全く同じです。

<スポンサーリンク>

根拠

消費税増税の根拠は、単純に他国との数字の比較です。

日本より消費税が高い国があるのだから、財政状態がより悪い日本は最低でも同レベルまで上げなければダメだ、ということです。

しかし、これには全く根拠がありません。なぜなら、他の税制や生活保護などの社会福祉制度が諸外国とは全く違うので、消費税だけを比較しても意味がないからです。

Sponsered Link

消費税は全国民に公平か

消費税増税の言い訳として、「消費税は消費した人万人に公平にかかるものなので、みんなで痛みを分かち合いましょう」というものがあります。

確かに表面的にはそうですが、裕福な人と貧しい人では所得に占める負担率が違うのです。

所得のほとんどを消費に回さざるを得ない人の負担率は、税率そのままの数字が負担になりますが、余裕のある人は投資など消費以外のことにお金を使うので、所得に占める税率は自然と薄まります。

<スポンサーリンク>


無駄を排除せよ

基本的に消費税の使い途は社会保障費と言われています。今の日本で社会保障費が年々増大していくことは避けられません。

だからといって単純に少しずつ税率を上げれば良いというものでもないはずです。もっと無駄に使われているおカネがいっぱいあるはずです。

先ずはこれらを徹底的に排除した上で上げてもらいたいものです。もっともその可能性はほとんどないと思いますが。

万事休す

現在消費税を10%に上げることすら問題視されているのに、他の減税無しに消費税を26%に増税すれば本当に日本は終わるでしょう。

いや、10%に上がったら、十分ズタズタになるでしょう。

勧告は無視して早急に他の手段を講じるべきです。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

移住する国を選ぶ判断基準

Contents1 人気移住先ランキング2 判断基準2.1 1.治安2.2 2.食事2.3 3.ビザの取りやすさ2.4 4.気候2.5 5.成長国2.6 6.物価2.7 7.税制3 旅行する時は意識し …

預金残高が過去最高

Contents1 どうなってるんだ!2 原因は?2.1 将来への不安2.2 他に投資すべき商品が見当たらない3 やるべきことは3.1 お金に働いてもらう3.2 海外を利用する3.3 外貨に替えておく …

破産者にならないために

Contents1 破産者が増加中2 老後に必要な資金2.1 年金と定年2.2 実際いくら必要か2.3 捻出するには3 だから投資4 単なる老後破産対策ではない4.1 関連 破産者が増加中 最近また破 …

日本の高級食材を買えない日本人

Contents1 日本には美味しいものがたくさん2 高級食材は海外へ3 買ってるのは実は現地の人4 日本の数倍の価格でも5 もう日本人は買えなくなる?6 どうしたらいいか6.1 関連 日本には美味し …

投資をしないで生きていけますか?

Contents1 あなたのキャッシュポイントは?2 複数のキャッシュポイントを持つ3 何が良いか?3.1 やはり投資3.2 アフィリエイト3.3 関連 あなたのキャッシュポイントは? みなさんは収入 …