投資情報

プロスポーツの厳しい現実

投稿日:

Pocket

戦力外通告

プロ野球のペナントレースが終わり、まだ日本シリーズが終わらないうちに、各球団が来季の契約を結ばない選手にその旨を通告する、「戦力外通告」を行います。

通告される選手にとっては人生に影響する大問題ですが、まだ現役を望む選手は、その後再起をかけて臨むトライアウトというテストを含めてテレビで特集を組むほど世間では話題に上ります。

甲子園で活躍して、ドラフト会議で上位に指名され鳴り物入りで入団した選手には特にみんなの視線が注がれます。

「あんなにすごい選手だったのに」とか、「まだできるはずだ」など、プロの世界を知らない人は勝手なことを言いますが、やはり現実は相当厳しい世界だと思います。

<スポンサーリンク>

お金と投資の学校を体験できるオンラインセミナー【投資の達人講座】

野球以外でも同じ

もちろん野球以外のスポーツ、サッカーにしろ、テニスにしろ同じことです。特に激しく動いたり、コンタクトプレーの多いスポーツは30代前半で限界を感じ、自ら引退することも少なくありません。

また、スポーツにケガはつきもので、手術等で一時的に治療しても、結局完治せず、その後の競技を続行できずそのまま引退というケースも多くあります。

若い選手も例外なし

入団からまだ2、3年しか経ってない選手に対しても、容赦なくクビの宣告が叩きつけられるのが現実です。

華やかな世界だと思って入っても、実際にその恩恵に預かれるのはほんの一握りの人達だけです。

若くして道を閉ざされた人達はその後どうすればいいのでしょうか。

<スポンサーリンク>

野球しかできません・・・

若い選手はもちろんですが、30歳くらいで家族がいる選手はもっと辛いかもしれません。

大黒柱が無職になるわけですから。

何歳であろうが、ほとんどの人はその後の人生の方がおそらく長いはずです。

そうであれば、それから生きていくために働くわけですが、もしその人に何のスキルもなければ非常に厳しい現実が待ち受けているのは容易に想像できます。

子供の頃からそのことしかやってない人にありがちな、「~しかできません」というのはあまりにリスクが高すぎます。

その道を閉ざされてしまうとたちまち先が見えなくなるからです。

<スポンサーリンク>

ベテランの人にもオススメ【投資の達人講座】

投資と同じ

やはり一つのことだけに集中するのは、ハイリスク・ハイリターンと言えます。

投資と同じです。自分の強い分野は当然あっていいのですが、資源は分散して使わなければならないのです。

全てを失ってしまうと、復活するのが非常に困難になります。

得意なことは伸ばす、苦手なことも少しは克服する、という教育はやはり必要でしょう。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

コロナ減退で運輸系は蘇るか

Contents1 入国が厳しい日本2 リベンジ消費3 運輸系4 日本居住者はどうか4.1 一般の旅行客4.2 ビジネス客5 ビジネス客が戻らないと厳しい6 運輸系に投資はできない 入国が厳しい日本 …

コロナで医療費増大、自己負担率増の悪夢

Contents1 医療費も年金に迫る勢い2 医療費も確実に財政を圧迫する3 予防という観点の欠如4 医療費を削減するには4.1 平均在院日数を減らす4.2 セルフメディケーション4.3 薬剤自己負担 …

とにかくキャッシュポイントを多く持つ

Contents1 キャッシュポイントが命2 副業は必須2.1 企業2.2 公務員3 国は国民を守ってはくれない4 どんな時代でも稼ぐ キャッシュポイントが命 危機の際に思い出すのが、この言葉「キャッ …

だから勉強しなければならないのだ

Contents1 昔から誰もが一度は感じる疑問2 聴かれても困ってしまう3 勉強しなくても生きてはいける3.1 学校で習うことは社会では使わない?3.2 事実勉強してない人でも生きていけてる4 それ …

新型コロナウイルス対策に見る日本のミライ

Contents1 新型コロナ感染者数がうなぎ上り2 理由2.1 危機管理意識の欠如2.2 プロの話を聞かない官僚2.3 今も「日本が一番進んでいる」という錯覚3 経済は大打撃4 使い方が残念4.1 …