投資情報

買ってはいけないモノ

投稿日:

Pocket

投資家の間で

昔からよく買ってはいけないモノが話題に上ります。これは飽くまで投資家目線での基準ですので、当然反論はあると思いますが、より早く効率的にお金持ちになるには間違っていないのでしょう。

つまり、これらはいずれも持っていてもお金がかかるだけで、お金を生まないモノなのです。言い換えれば単に消費してるだけ、しかも多額にということです。

<スポンサーリンク>

買ってはいけないもの

都会にいる限り不要ですね。

車検や税金などの維持費、駐車場代などを考えると、週に1回や2回の使用ではかなり高くついてしまいます。

よく言われることですが、外出するときは毎回タクシーを呼んだ方が安くあがります。

そして時間です。車に乗っている時間はほぼ何もできません。それを無理にやろうとすると、スマホをつついたり注意力が散漫になり事故に繋がるのです。

電車やタクシーに乗れば時間を有効に使えます。これが週一、二回でなく毎日であればなおさらです。

しかし実は、お金や時間のことよりもっと大事なことがあります。

それは事故に遭う確率です。自動車は航空機よりも圧倒的に事故に遭う確率が高く、日本中のあちこちで毎日死亡事故が起きています。

自分で運転する人は、ヒヤッとした経験が一度や二度ではないと思います。そしてこちらが万全の注意を払っていても、被害者になることもあるのです。

それでもどうしても必要であればレンタカーを借りればいいのです。

ただ、交通の便が悪い場所の人が生活上欠かすことができない場合は、やむを得ません。

Sponsered Link

家(自宅)

これが意外と難しいのです。なぜなら、マイホームを持つというのは、日本人にとって永遠の夢だからです。

全くお金がないのならまだしも、少しでもあればローンを組んで買えるというのが今の日本です。しかも空前の低金利で。

そうであれば当然誰もがそちらになびきます。

さらに持家が得か、賃貸が得かという永遠のテーマの中で、持家の場合は最終的に資産として残り、いつまでも住めるところがあるのに対し、賃貸の場合は死ぬまで家賃を払わなければならないのに自分のものにならない、というものがあります。

持家か否かというのは、単なる金銭的な理由だけでなく精神的な部分も大きいため、ここではそれは置いておいて、やはり家を買ってもそれ自体はお金を生まないし、逆に固定資産税や修繕費などは別途かかってしまいます。

また、まとまった金額のお金を有効に使えてないという意味で、やはり買ってはいけないのです。

<スポンサーリンク>

保険

この3つの中ではモノではなく、そして金額が小さいので、みんなが疎かにするのが保険です。

しかし、塵も積もれば山となる、で長期にわたるとかなりの金額が投下されます。

元々保険について知識のある人はほとんどいないので、勧められたものになんとなく入っており、だからそれが高いのか安いのかもわからないのです。

そしてその投下されたお金が戻ってくる、つまり保険金が支払われる額は、全体で見ると3割ほどです。逆に7割は保険会社の懐に入ります。

はっきり言ってこれはギャンブルと同じですね。ほとんどの人が損をする。

今の日本の健康保険制度を知っていれば、正しい選択ができるはずです。

保険に入ればなんとかなると考えたり、保険に入って安心するのではなく、規則正しい生活や適度な運動、キチンとした食生活を心がけた方がよほどいいのです。

実は、お金持ちのほとんどは保険ではなく、健康そのものに気を遣っているのです。

<スポンサーリンク>

所有しない

現代において所有していることの価値観はそんなに高くはありません。モノが無い時代は憧れがあり、所有すること自体に価値を見いだしていましたが、今は無駄を極力排除する時代なのです。 

そして、モノを持たないことにより、移動もしやすくなり、世界中が自分のフィールドになる可能性があるのです。

極力固定費をなくすことが、生活においてもビジネスにおいても重要なことなのです。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「年収が増えても貯蓄がない」を回避せよ

Contents1 年収が増えても貯蓄が増えない?2 なぜ貯蓄がない?2.1 贅沢な生活2.1.1 住宅2.1.2 車2.1.3 教育費2.1.4 旅行2.2 累進課税2.3 お金に無頓着3 とにかく …

ふるさと納税は夢の制度

Contents1 業者の勧誘2 どの自治体でもOK3 やり方は簡単4 注意すること4.1 2,000円の負担4.2 分散して納税4.3 実質無料5 返礼品に現金まで付けてくれる?6 ここでも金持ちが …

展示会に出展する心得はコレだ

Contents1 毎日どこかで展示会2 出展にかかるコスト2.1 小間代2.2 装飾代、デモ代2.3 搬入、搬出費用2.4 人件費2.5 旅費交通費3 期待される効果3.1 新製品を現物で紹介できる …

投資と消費

Contents1 投資と消費のどちらが好きですか?2 投資とは?2.1 居住用の不動産を購入するのは投資か?2.2 自宅は資産?それとも負債?3 お金を使う行為は全て投資と考える3.1 関連 投資と …

最初の投資が暗号資産(仮想通貨) はヤバいぞ

Contents1 再び脚光2 暗号資産は資産か3 投資対象は、株、債券、不動産4 若者はなぜ暗号資産へ?5 投資は稼げる6 若い人こそ勉強7 金融リテラシー7.1 関連 再び脚光 最近また暗号資産が …