日本

アマチュアスポーツでの留学生等の登用をどう見るか

投稿日:

Pocket

アマチュアスポーツでの問題

近年、高校、大学、社会人のアマチュアスポーツでは、留学生やその競技のために契約して所属する外国人選手の活躍如何が勝敗を分けることが多くなってきました。

プロの世界では以前から当然でしたが、アマチュアチームでも勝ちにいくためには、外国人の獲得が避けて通れないようになっています。

特に駅伝のような一個人の力が順位に大きく影響したり、ラグビーのような体格の差がコンタクトプレーに影響するスポーツではその効果が顕著です。

冬の駅伝シーズンに、留学生が10人以上ごぼう抜きしたりするシーンが映ると、このあたりの話題が出てきて、外国人の制限や、ある区間には彼らを登用してはいけないなど、いろいろな規制が追加されています。

規制をかけないと、お金を持っている私学が有力な選手をスカウトして、圧倒的に有利になるからです。

しかし、スポーツで全国大会に出るようなチームはそれなりの手を打ってるので、大差ないようにも見えますが。

<スポンサーリンク>

国際色豊かになるのは当たり前

地理的にも、精神的にも日本は世界から隔離された状態なので、純血主義がスタンダードでしたが、これだけ情報や人の出入りが増えれば、当然そこにあった壁も低くなり、価値観もどんどん変わっています。

その結果、長年日本に住んで帰化したり、国際結婚したりすることも当たり前になり、日本人とか外国人とか言ってる時代でもなくなってきているのです。

Sponsered Link

世界と戦うためには

日本国内に限るのであれば、いろいろな規制も必要かもしれません。あまりにも力が違いすぎると、他の人がやる気を無くしてしまうとか、他のチームや更にそのスポーツ自体の人気がなくなってしまうことが懸念されます。

しかし、今戦う舞台は世界なのです。強い人やチームがいるということは、基本的に周りの人のレベルも上がっていくはずなのです。

サッカーJリーグの神戸にスペインのイニエスタが加わって、チームのみんなのレベルが上がっていることを見るとその効果は明らかです。

<スポンサーリンク>

スポーツ以外では

スポーツ以外の世界ではどうなのか、というと、もちろん全てにおいて舞台は世界なのです。

ビジネス、芸術、エンターテイメント、学術、研究、何から何までそうなのです。

もはや日本国内で強いから、とか、うまくいっているからという考えは捨てた方がいいですね。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-日本
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高校野球の連投に見る、日本のスポーツ

Contents1 高校野球の投手の連投2 規制を妨げる要因2.1 複数の良い投手2.2 甲子園という存在3 プロ野球でも4 他のスポーツでも同様4.1 関連 高校野球の投手の連投 毎年高校野球の甲子 …

世の中を制するのは川上か、または川下なのだ

Contents1 世の中をコントロールする2 川上2.1 原油2.2 原油を精製して作るナフサなど3 川下4 日本の現状4.1 川下も最近は4.2 中間製品はピカイチ4.3 中間製品ではコントロール …

絶望的に遅い日本のレジ精算

Contents1 レジでの精算2 遅い理由2.1 レジを打つ人2.2 客2.3 現金主義2.4 人手不足2.5 年齢3 対策3.1 店、レジを選択3.2 イライラしない、受け入れる4 自己責任5 と …