旅情報

時差ボケにはこう対処する

投稿日:

Pocket

時差ボケ

日本から距離(時差)のある国へ行くか帰ると、多かれ少なかれ時差ボケになります。

東南アジア各国であれば何の問題もないですが、これ以上時差がある場所は時差ボケを解消するのに一苦労です。

特に長期間滞在していたり、年齢がいくと大変です。

そもそも長距離路線は、長時間同じ姿勢で航空機に乗っているので、そのこと自体で疲れます。それ以外に体内時計がメチャクチャになるので当然といえば当然です。

<スポンサーリンク>
マイルがたまる「JALカード」

西から東行きがきつい

基本的には、西から東にいくときに時差ボケがきつくなると言われています。
ヨーロッパだと日本への帰国、南北アメリカだと日本から向かうときです。

個人的にはどちらに向かって行っても同じような気がします。またどちら方向に向かうかより、行きより帰りの方が疲れていることが多いので、日本に帰ってからの方がキツイような気がします。

[ad#shoshinsha336280]

時差ボケ解消法

そしてその時差ボケの解消の仕方ですが、次の方法が効果的です。

どんな時間であろうが、現地時間に合わせた生活をする

当たり前ですが、強制的に合わせないとずっと直りません。

寝てはいけない時間に寝ない、寝なければいけない時間には寝る

これは先述の1.と同じですが、時差ボケ=睡眠関係なので、これを徹底します。

運動をする

これも1.を実現するために、強制的にカラダを疲れさせるのです。特に水泳とかがいいと言われています。

読書をする

カラダは疲れませんが、頭が疲れるし、本を読んでいるとよく眠くなるので眠れない時は効果的です。

<スポンサーリンク>

現地の時間を逆算して機内でも過ごす

現地に夕方や夜着くのであれば、機内ではあまり寝ない。朝着くのであれば、しっかり寝るというように、着時間に合わせて機内でも過ごすと少しでも違うと思います。

また、機内の食事は欲しくなくてもなるべく食べましょう。食事は大体到着地の時刻に合わせて出てくるからです。

太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びることにより、体内時計が正常に修正されていくので、狂った時間を戻してくれます。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-旅情報
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

住む場所を特定しない生き方

Contents1 住む場所を自由に決めるという贅沢2 ところで、仕事はどうする?3 子どもの教育はどうする?3.1 関連 住む場所を自由に決めるという贅沢 移住のことについては別の記事で書きましたが …

訪日外国人急増で日本は潤うか

Contents1 訪日外国人6,000万人へ2 日本が選ばれる理由2.1 狭い国土に見どころが多い2.2 アクセス良好2.3 相対的に物価が安くなった3 訪日客増で日本は潤うか?4 オーバーツーリズ …

ワット・サムプラン(ドラゴンタワー)への行き方

Contents1 ワット・サムプランへの行き方2 ワットサムプランへは路線バスで楽勝?3 反省4 ワット・サムプランはテーマパークか?4.1 ドラゴンタワー4.2 亀や象も4.3 緑に囲まれたお寺4 …

アユタヤへの行き方4選

Contents1 バンコク郊外の街アユタヤ2 4通りの行き方2.1 ①バンコク発のツアーに参加する2.1.1 メリット2.1.2 デメリット2.2 ②バンコクからタクシーをチャーターする2.2.1 …

オールインクルーシブでゆったり過ごす

Contents1 海外ではスタンダードなオールインクルーシブ2 オールインクルーシブの良いところ、良くないところ2.1 <良いところ>2.1.1 1.料金を気にせずに飲み食いできる2.1 …