投資情報

南アジア不動産投資(スリランカ編)

投稿日:

Pocket

スリランカのイメージ

みなさんはスリランカと聞いて何をイメージしますか?

インドの南、島国、世界遺産、紅茶、内戦等でしょうか?

私も今までほとんど知識がありませんでした。私は過去40カ国ぐらい旅しましたが、なぜかこの国は候補に挙がりませんでした。それはおそらく内戦でそれどころではなかったからなのでしょう。

自分の意識もそのくらいなので、不動産がどうのこうのという世界ではない、と思っていました。しかし、実は今ここに宝が眠っているかもしれないという情報が世間を賑わせています(一部の間で)。

また、キャピタルゲインもインカムゲインも狙える本当に本当に最後のフロンティアだとも言われています。

<スポンサーリンク>
ディズニーリゾート周辺のホテル予約

他のアジア諸国の不動産は?

東南アジアでも、将来性豊かな国はたくさんありますが、いざ不動産となると「もう価格が上がりすぎて遅い」とか「外国人は所有権が登記できない」とかで、次第に旨味のある国が減ってきています。

減ってきているというよりは、具体的にココと言える国がすぐ出てこないのが現状でしょう。

こういった新興国では、法律がコロコロ変わるため、外国人にプラスの方向に変われば一気にそちらへ注目が集まり、資金も集まりますが、そうでなければリスクが高すぎて手を出せません。

マレーシア等で数年前から不動産投資が流行り、プレビルドを買った人で、今現在「 絶好調」という人をあまり聞いたことがありません。

それは、経験豊富な投資家でさえそうです。ましてや私達素人が儲けるのは相当困難だと自覚した方がいいでしょう。

<スポンサーリンク>

未経験者にもわかりやすい!【投資の達人講座】  

スリランカは最後のフロンティア?

そんな中、スリランカならまだイケるとのこと。こういった話は、根拠を聞けば納得できてしまうので恐いですが、買う買わないは別として、その国をよく調べる機会にはなります。

その根拠とは、下記の通りです。

経済成長率

・経済成長率がここ数年5%前後で安定的に推移していること。もっとも5、6年ほど前は10%前後ありました。

地理的場所

・その地理的場所が東西を結ぶ交通の要衝にあること。

内戦終結

・内戦が終わり、政治も安定していること。

観光客増

・狭い国土に8つの世界遺産があり、今後ますます旅行者が増えること。

ホテル不足

・経済が発展するに従い、外資がどんどん注入され、さらに物や人が流入していること。しかし、まともなホテルが少なく、受け入れ態勢が整っていないこと。

割安

・不動産の価格も近隣諸国に比べまだまだ安いこと。

など、すぐにでも行きたくなるような根拠がたくさんあります。

<スポンサーリンク>

スリランカの不動産では、ホテルで安定的なインカムを

ちなみに、筆者が今注目しているのは、コンドミニアムではなく、ホテルです。これは、日本人がプロデュースしており、今後の管理も含め、単なる売りっぱなしの物件とは違うとのことです。ホテルですので、空室リスクもありません。

1,000万円弱で投資でき、10年で回収、その後は売却してキャピタルゲインを得るも良し、そのままインカムゲインを取り続けるも良しといった物件とのことです。

出せば売れている?と言われていますが、だからといって、すぐ飛びつきたる気持ちを抑え、情報収集に励みましょう。

ポテンシャルがあるのは間違いないでしょうが・・・。

 

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ランドバンキングで継続的な収入を

Contents1 ランドバンキングの存在2 ランドバンキングとは?3 ランドバンキングの投資の対象となる国3.1 米国3.2 カナダ4 ウォルトン、TSI5 ランドバンキングのスキームは6 ランドバ …

資金が少なくても投資出来る!

Contents1 資金に応じて投資手法も違う2 全く資金のない人2.1 学生、無職の人2.2 安定的な収入はないが、しばらくは食べていける人2.2.1 アフィリエイト2.3 安定的に収入がある人2. …

だから勉強しなければならないのだ

Contents1 昔から誰もが一度は感じる疑問2 聴かれても困ってしまう3 勉強しなくても生きてはいける3.1 学校で習うことは社会では使わない?3.2 事実勉強してない人でも生きていけてる4 それ …

アメリカと日本の投資用不動産の違い(一例)

Contents1 先進国であることの安心感2 建物の価値2.1 アメリカ2.2 日本3 人口動態3.1 アメリカ3.2 日本4 家賃4.1 アメリカ4.2 日本5 住宅事情5.1 アメリカ5.2 日 …

イギリスの不動産に投資する

Contents1 ハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターン1.1 先進国1.2 新興国2 イギリスの不動産とは3 堅実でしかも少資金から始められる4 イギリス不動産投資の出口を考える ハイ …