投資情報

投資をしないで生きていけますか?

投稿日:

Pocket

あなたのキャッシュポイントは?

みなさんは収入を得る手段(キャッシュポイント)をいくつ持っていますか?

給与収入、年金、株や保険の配当、預金の利息、不動産の賃料、副業のネットビジネス等いろいろ考えられますが、それがもし給与収入や年金だけであれば、非常に危険だと思います。

今の世の中、何が起きてもおかしくないのですが、会社が潰れる、事故に遭う、天災に遭うなんて事は普通に予見しておかなくてはならない時代になりました。

もしそういう事が起きたとき、収入源が一つしかなく、この入口を塞がれてしまったら、たちまちピンチになります。また、給与や年金は、これからは、普通に減っていきます。これは、今そこにある危機なのです。

そしていつ病気やケガに見舞われ、まとまったお金が必要になるかもしれません。特に身体が全てです、という人は、病気やケガをした時働けなくなり、収入が途絶えてしまいどうにもなりません(もちろん身体は資本です)。プロの野球選手、サッカー選手が良い例です。

[ad#shoshinsha336280]

複数のキャッシュポイントを持つ

だから収入源はいくつかあり、しかも自分が倒れても収入が途絶えないような方法をとらなければなりません。

他の仕事を掛け持ちする、というのでは全く意味がありません。自分が倒れれば文字通り両方の仕事とも共倒れになります。

どういう事かというと、自分以外のもの、例えば、他人、お金、保険、不動産等に働いてもらうのです。

ただ、他人となると、雇用するとかしないとか、裏切られたとか、カネを持ち逃げされたとか面倒な事が発生するため、結局はお金やそれに準ずるものに働いてもらう事の方が安全と言えると思います。

<スポンサーリンク>

何が良いか?

やはり投資

真っ先に考えられる手段としては、前述の通り、所謂投資があります。しかし、投資も当然必ずリターンが得られるとも限らないため、リターンは少ないが、より堅実なものが必要です。この辺りは、どういうポートフォリオを組むかということにつながってきます。

ローリスク・ローリターンから始めて、だんだんリスク・リターン共に高めていくのが良いと思います。

アフィリエイト

その他としては、アフィリエイトがあります。これはほとんど資金が必要ないため始めやすいのですが、実際稼げている人は全体の5%しかいないと言われています。当然それなりに勉強したり、組織に属したり、情報収集が必要です。

そしてアフィリエイトにもいろいろあります。SNSで拡散させて、自分の下に同志をたくさん作り、その人たちに働かせ、利益を積み上げる方法や、従来型のブログに広告を貼る方法などです。

やはりこの世界も変化が激しいので、日頃から勉強を怠らないようにしなければなりません。そして、コミュニティや組織に属して良質な情報を得る努力が必要です。

アフィリエイトは、一時的に莫大な利益を得ることも可能ですが、できれば、長い期間少額でも安定的に稼げるのがベストだと思います。

おカネが腐る程あるという人は別として(多分そういう人はこのようなブログは読んでないでしょうが)、普通の人は幾つかの収入源を持っておくべきです。

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本の高級食材を買えない日本人

Contents1 日本には美味しいものがたくさん2 高級食材は海外へ3 買ってるのは実は現地の人4 日本の数倍の価格でも5 もう日本人は買えなくなる?6 どうしたらいいか6.1 関連 日本には美味し …

東南アジア不動産投資(タイ、マレーシア編)

Contents1 東南アジアの代表2 安易な考えは危険3 ジョホールバル4 不動産は流動性が悪い5 首都以外も視野に5.1 関連 東南アジアの代表 東南アジアでは既に何年も前から、日本人による不動産 …

パティシエになるには

Contents1 将来就きたい仕事2 専門学校も大盛況3 現実は厳しい3.1 お店自体が儲からない3.1.1 需要が漸減している3.1.2 原材料の高騰3.1.3 廃棄が多い3.1.4 洋菓子店以外 …

移住する国を選ぶ判断基準

Contents1 人気移住先ランキング2 判断基準2.1 1.治安2.2 2.食事2.3 3.ビザの取りやすさ2.4 4.気候2.5 5.成長国2.6 6.物価2.7 7.税制3 旅行する時は意識し …

糖尿病をナメたらダメよ

Contents1 糖尿病大国日本2 発症すると治癒しない3 どうしてここまで多いのか?3.1 食事3.2 遺伝3.3 運動不足3.4 低学歴や不安定雇用に起因する貧困4 若い人の患者も増えている5 …