投資情報

資金(資本)がある人はココに投資する!

投稿日:

Pocket

お金を遊ばせておくのはもったいない

資金(資本)が潤沢にあるお金持ちは、そもそも投資する必要がないような気がしますが、遊ばせておくのはもったいないという人向けに見てみます。

また、投資する少しの余裕がある人はもちろんガンガン投資するべきです。

<スポンサーリンク>

本当のお金持ちの人

「お金持ち」の定義は難しいですが、ここではもう働く必要のないほどお金を持っている人のことをさします。

遊んで暮らせる人はそもそも投資する必要はないかもしれませんが、自分の子や孫に資産を残したり、自分の存在価値を社会に残す為には何をすればいいのかを考えます。

居住用の不動産を建てる

まず、現金や株などは相続税をがっぽり持っていかれるので、そのまま残してはいけません。居住用の不動産に変えましょう。

いろいろな条件はありますが、二世帯住宅や賃貸用アパートを建てるのが一般的です。しかし、最近は相続税対策で建てたアパートが乱立している地域があるので注意が必要です。

せっかく建てたのに空室だらけだとかえってお荷物になりますので、立地は重要です。

単に土地が余っているからという理由だけで建てるのは危険ですので、よく考えましょう。

生命保険に入る

生命保険金には非課税枠がある(500万円×法定相続人の数)ため、その分だけでも節税になります。

さらに、法人を作り、その法人から死亡退職金を受け取る場合も同額の非課税枠があるためこれも使えます。

また、契約者(保険料負担者)を法人、経営者を被保険者、保険金受取人を後継者という形で長期定期保険に加入することにより、経営者に万一のことがあっても死亡保険金を後継者の相続税の納税資金に充てることができます。

<スポンサーリンク>

お金持ちではないが、少し余裕資金がある人

暗号資産(仮想通貨)

特に公開前のICO、もっと前のプレセールに10万円でも投資しておく。

ただし、ご存知の通り、9割が詐欺と言われているこの世界で、どれが正しくてどれがそうでないかを見抜くのは難しいですね。

ここでは誰からの情報かが最も大事です。ほぼここに全てがかかっているといってもいいと思います。

リップルやADAのように大化けしてくれれば一気に富裕層への仲間入りです。

単なるネットからではなく、友人やコミュニティから良質な情報を仕入れましょう。

<スポンサーリンク>

格安航空券予約なら【Malaysia Airlines】

海外不動産

国内の不動産についてはもちろん可能ですが、国内は資金が無くてもある程度可能なのに対し、海外は必ずと言っていいほど現金が必要です。だから、余裕資金がある人の特権でもあるのです。

東南アジア

マレーシア→タイ→フィリピン→ベトナム→カンボジア→ミャンマーと主戦場がどんどん移動しながらブームが続いている感じです。

まさにハイリスク、ハイリターンの典型で、国の法律が未整備だったり、業界や業者も適当だったりと霧の中を進むようなところもあります。

そして基本的にはインカムを得ながら最後はキャピタルもと2度美味しいスキームですが、上手く買えたとしても、最初の客付けが苦労するという話を聞きますので、いくつもの関門が待ち構えていることを自覚しておかなければならないのです。

アメリカ

ハワイでコンドミニアムを買う人の目的があまりよくわかりませんが、あるとしたら値上がり益を狙うのと安定した家賃収入でしょう。ハワイの不動産は高額ですが順調に値上がりしています。

しかし多額の現金が必要になり、投資としての旨味は残念ながら少ないですね。

一方ロスなどはほとんどがお金持ちの税金対策です。建物比率が高い古い戸建やコンドミニアムを買って加速度償却して自らの所得を大幅に減らすのです。

しかしこれも税金の繰り延べ的な部分が大きく、現金も必要ですが、借り入れをした場合の利子も高く、どうなのか?という感じです。

さらに、このスキームを規制しようという動きがあり、そうなれば万事休すとなる可能性がありますので注意が必要です。

その他地域

その他の地域では、ドイツ、イギリス、ポルトガル等ヨーロッパ、バングラデシュ、スリランカ等南アジア、オーストラリア、ニュージーランドのオセアニア、カナダ等々ありますが、いずれもそれなりの現金が必要なので、自分の予算に合わせて、そしてできれば分散させて投資するのが良いと思います。

Sponsered Link

贅沢はできないが普通に生活ができる人

よく、「投資は無くなってもいいお金でやれ」とか「余裕資金でやれ」と言いますが、本当にそうでしょうか?

確かに、食べるのを我慢してとか、最低限の生活を維持できないのに投資をするのは無理がありますが、少しでも良い生活をしたくて投資するわけですから、無駄を徹底的に排除してそのお金を投資に向けるという行動はごく自然で、むしろ当然だと思います。

ですから余裕資金があろうが、なかろうが投資はするべきで、いずれにせよここでは普通の生活ができる人を対象にします。

国内不動産、海外の養老保険、海外のファンド

別記事「資金が少なくても投資出来る!」を参照していただきたいと思います。

 

資金が少なくても投資出来る!

 

勝手に自分で無理だと思わずに情報を取りに行きましょう。そして最初の一歩を踏み出しましょう。

余裕資金が無いというこの部類の人は、失敗が許されないのでとにかく堅く長期にわたって安定して稼げる案件が必要です。

そういった意味でこれらは最適だと思います。

決して国内の投資信託に注ぎ込まないようにしましょう。

<スポンサーリンク>



336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

為替の影響を受けないための3つの要素

Contents1 為替を考えずに生きて行ける?2 大事なことは?3 必要な3つの要素3.1 自分で決めたルールに則って取引をする(ルールを絶対守る)3.2 定期的に投資する3.3 世界の情勢を常に意 …

子供にどこの教育を受けさせるか

Contents1 重要な問題2 日本の教育3 海外という選択肢4 真剣に考える時5 結論は5.1 関連 重要な問題 お子さんのいる家庭が考えなければならない重要な問題の一つに、そのお子さんにどこの学 …

資金が少なくても投資出来る!

Contents1 資産に応じて投資手法も違う2 全く資産のない人2.1 学生、無職の人2.2 安定的な収入はないが、しばらくは食べていける人2.2.1 アフィリエイト2.3 安定的に収入がある人2. …

東南アジア不動産投資(ベトナム、カンボジア編)

Contents1 ベトナム1.1 遂に解禁1.2 賃貸付けは大丈夫?2 カンボジア2.1 更にわかりにくい2.2 詐欺事件も3 自分の立場を考える3.1 信頼できる人であっても3.2 気になれば現地 …

飲食店が激しく減っていく

Contents1 飲食店にとって厳しい時代2 なぜ厳しい?2.1 客側2.1.1 そもそも飲まなくなった2.1.1.1 人口減少2.1.1.2 若者2.1.1.3 会社関係2.1.1.4 遅くまで飲 …